マンション用仏壇 仏具 コンパクト|新しい「祈り」のかたち 仁和 Ni-wa

仏壇との向き合い方

仏壇との向き合い方

日ごろから仏壇とどう向き合うか。
自分にとっての仏壇の位置づけを、
大切にしてください。

そのため、故人の供養を通して自分自身の心と向き合う「仏壇」が、今を生きる私たちにとってどれほど大切なのかがわかります。だからこそ、仏壇を置く場所は、家族全員が親しみやすいリビングや自分にとって心休まる寝室など、暮らしのウエイトを占めるところが適切でしょう。
また、よく「仏壇の置き方や供養のルールがわからない」という悩みを待つ人もいるようです。しかし故人を偲ぶ気持ちが人ぞれぞれであるように、「拝む」かたちも千差万別でいいはずです。故人やご先祖様を思って「こんな風にしてあげたい」「このように手を合わせたい」という気持ちが浮かんだら、その思いを形にすることが一番の供養になるのです。
大切なのは、日ごろから仏壇とどう向き合うのか、暮らしの中に仏壇をどう位置付けるかです。「拝む」という行為を通して“命に対し、謙虚に感謝する心”を次世代に伝えるため、自分の「拝む」文化をぜひ大切にしてください。

 

Praying boy

PAGETOP
Copyright © 株式会社 萬谷 仁和事業部 All Rights Reserved.