マンション用仏壇 仏具 コンパクト|新しい「祈り」のかたち 仁和 Ni-wa

仁和コンセプト

仁和コンセプト

現代の暮らしに合わせた新しい祈りのかたち

故人を偲ぶ「壇」は身近な場所におきたいもの。「仁和」は場所をとらない寸法でデザインもシンプルなため置く場所を選びません。宗派や宗教も選ばないため、自分の生活スタイルや信仰に合わせて仁和を配置すれば、朝起きてから眠りにつくまで、仁和は亡き人との想いをつなげる大切なスペースとなります。また仁和は、お部屋のコーディネートやお好みに合わせて自由にカスタマイズできる方式です。ひとりでも持ち運びができるように、屏風や仏具をすべて内部に収納できるようにしました。

いつでも、どこでも、好きなように、故人と対話ができる場所。それが新しい祈りのかたちを実現する「仁和」です。

現代社会における、仁和の役割

電気製品に囲まれ、見えない電磁波が飛び交っている現代の生活は、知らず知らずに心身に影響を与えています。その中に調湿作用を持つ和紙などの自然素材で作られた仁和を置けば、心身にプラスの影響を与えることでしょう。特に、仁和は職人たちが自身の技を尽くした伝統技術の結晶です。世界に誇る日本の職人文化を、ぜひ身近にお置きください。

また仁和は、観音扉で仏壇を隠さずいつも故人の写真を表に出しておく「みじかに感じるの仏壇」です。おはよう、行ってきます、ただいま、おやすみなさいなど、そのつど仁和に向かって声を出して語りかければ、大切な人を亡くした後の心のバランスにもよい影響を与えるでしょう。

生ある限り、毎日の暮らしを故人とともに心豊かな充足したものに。それが仁和の考える新たな供養の形です。

PAGETOP
Copyright © 株式会社 萬谷 仁和事業部 All Rights Reserved.